TOSS北海道HP / サークル参加へのドラマ

サークル参加へのドラマ

A先生 … 教職七年目の五月、私は悩んでいた。「いつ教師を辞めようか・・・」 全文へ

B先生 … 「サークルは厳しくて怖そうだ。休みも無くなるかもしれない。」 全文へ

C先生 … 自分は日本一力のない教師だ、と思った。 全文へ

D先生 … 「これだ!」自分が求めていたものに会えた気がした。 全文へ

E先生 … 一年目、ノリと勢いで学級も授業もなんとかなった。 全文へ

F先生 … 初任地は僻地の小さな中学校だった。 全文へ